のぼりと日本

のぼりの利用法

のぼりの日本文化

のぼりは、これまで日本の歴史の悠久のときを通して育ってきた日本文化です。

いつの時代に何のためにのぼりが作られたのか、それは未だによくわかりません。ただわかっていることは、現在は昔の様に職人がのぼりを作成しているのではなく、工場などで大量生産が主流だということでしょう。JISC 日本工業標準調査会

外国から来たものであるとか、日本人が開発したものだとかいう説があります。

基本的には旗であり、風がふいていなくても見えやすくするように、上辺も固定したものですが、大発明というほどのものではないですからね。

誰かがふと思いつき作ったものである可能性は否定できず、わざわざ資料なんかにも載せなかったのでしょう。

そんなのぼりですが、ある時を境に多く、絵や昔の文に登場するようになります。

室町時代以降です。

室町時代以前は、戦があったとしても平氏と源氏という比較的敵味方がわかりやすく争う勢力も多くなかったのです。

しかし、室町時代以降からは群雄割拠の戦いとなり、よりわかりやすい自軍の判別方法が必要でした。

それで使われるようになったのがのぼりです。

これは多くの資料に認められるものです。

発明をされたのはいつかはわかりませんが、戦国時代を通して普及したものであるというのはほぼ間違いないようですね。

そして戦がなくなったものの、その便利さを目に付けた商人あたりが商業目的で使い始めたのだろうと推測できます。


Copyright (C) www.helpmendaheart.com. All Rights Reserved.

のぼりの利用法